忍者ブログ
しほのBLOG
[7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

鳥取県の公立小学校には「学級委員長」がいないそうです。
「委員長になれなかった子供が傷つく」
「自分にはできないと劣等感が生まれる」との抗議を
人権団体などから受け自粛した結果なのだそうです。
学級委員で「差別」ですか。ぬるいですねー。

というか、学校側は教育というものを勘違いしています。
 

委員長になれなかった子供が傷つく、ってそんな小さな
挫折は大人になったらたくさんあるでしょうに。

そういう耐性をつけずに成長したらどうなるか。
それこそ、上司に叱られた、傷ついた、会社やめる、
とかになりかねないと思います。

だからダメ人間が増えるんです。
 

小学校の「学級委員長」を「人権」の視点から無くす自治体は
大阪以南に多いらしく、愛媛県が04年に調査したところ、
同県の約半数の小学校が「学級委員長」を置いていなかったそうです。

例えば企業が課長をなくすでしょうか?

同じことです。

あほらしくて付き合ってられません。

 

Bフレッツ 料金 フレッツ アパート
PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー